ブログで何かを表現したい・・・。 でも、何を表現すべきか分からない・・・。 だから、とりあえずやってみようと思う・・・。 きっとそのうち、何を表現したいかが見えてくればいいなぁ・・・。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いっちさんが恐怖体験の続きを書け書けとうるさいので、渋々書きます・・・。
てか、いっちとkin以外、恐怖体験ネタ、大不評じゃん・・・。
みんな、怖いのダメなんですね・・・(^^;

えーっと、今回のも怖いので
怖いの苦手な読まない方がいいですよ(^^;
一応、後でもう一つ本日はネタをアップする予定なのでそちらをお読み下さい。

てことで、恐怖体験その2、いってみよー




あれは確か、俺が24か25才くらいの時だったと思う・・・。
実家に住んでいた頃の話です・・・。
実家の隣にはお墓がありました。そのせいかは分かりませんが、実家にいる頃は
しょっちゅう金縛りにあっていました。
実家を出てからは金縛りの頻度はガクーンと落ちました・・・。
やっぱり金縛りとお墓(霊)って関係あるのかなぁ・・・?
まぁ、俺は霊を信じてないけど・・・(爆)

んで、そんな夏のある日の夜、とても暑い夜でした・・・。
多分時間は深夜2時とか3時とかそういう時間だったと思います。
2階の自室で寝ていましたが、ふと目が覚めるといつもの如く金縛り中です・・・。
まあでも、金縛りには慣れたものです・・・。
金縛りの解き方も熟知しています。その日も解こうと思っていつも通りやるが
その日の金縛りは半端なく、なかなか解けません・・・。
すると、嫌な感覚が体を貫きます・・・。

chang「えーっと・・・、なんか居るな・・・」

金縛り中は時々、何かの存在を感じる時があります・・・。
この時もそうでした・・・。すると、階段の方から足音が聞こえてきました・・・。
それもとても弱々しい足音が・・・。
大概、家族の足音なら誰のかすぐわかりますが、その足音は明らかに
聞いたことのない足音・・・。
もう金縛りにあいながら、恐怖でガクガクブルブルです(^^;
足音は確実に2階に上ってきています・・・。

chang「これ、かなりやばいなぁ・・・w」

そして、足音は完全に二階まで上りきり、そこで止まりました・・・。
その後、暫くして、なんとか金縛りを解き、布団の中に丸まって朝を待ちました。

え?全然怖くない・・・?
えーっと、こっからが本番ですよ!!

そして、朝、眠い目を擦りながら1階の居間へ行くと、妹が青ざめた顔
何やら一生懸命話しています・・・。
何を話しているのかを聞いた瞬間、背筋が凍りました・・・。

妹「昨日、暑かったから部屋の戸を全開で寝てたら、夜中に金縛りにあったのよ」
chang「え?お前も?実は俺もだよ・・・」
妹「え?お兄ちゃんも?」
chang「う、うん・・・」
妹「そんで、そしたら、階段の下から足音が聞こえてきたのよ」
chang「え・・・?」
妹「足音は階段を上って、2階まで来てさぁ・・・」
chang「う、うん・・・」
妹「んで、怖かったけど、目だけは開けれそうだったから思い切って開けたのよ」
chang「そ、そんで・・・?(ゴックン)」
妹「そしたら、そこに白装束を来た髪の長い女の人が立ってた・・・」
chang「!!!!!!!」
妹「わたし、それ見た瞬間、気絶して、気が付いたら朝だった・・・」
chang「実は俺も昨日・・・(昨日のことを話し中)」
家族全員「・・・・・・。(全員青ざめ中w)」


いやぁ、俺だけなら、きっと勘違いと思っただろうが、
まさか、妹も同じ日に全く同じ体験してるとは・・・。
これ、どうなんでしょうか・・?俺は霊を未だに信じていませんが、
これも偶然で片付けていいんでしょうか・・・?
それでも俺は偶然と思いたい・・・。霊って本当に居るんでしょうかね?(^^;

ちなみに、妹の部屋は階段を上がってすぐのとこなので、
戸を全開なら階段の踊り場丸見えです・・・。
しかし、白装束を来た長い髪の女の人・・・。
俺、戸を開けてなくて良かった・・・w


FC2ブログランキング
ランキング参加中!気が向いたらクリックお願いします!

【アフィリエイト状況(括弧内は先日の売上:振り込まれるまでに必要な残り金額)】
・・・233円(0円:9,767円)
・・・1,641円(0円:3,359円)
・・・3,000円(0円:7,000円)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
えっと・・・
妹さんに爆笑してしまいました(ェ
2006/05/30(火) 08:49 | URL | icchi #CjOAR8pM[ 編集]
さらっと見ました。怖いので次回は、負け犬報告にしてください。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
2006/05/30(火) 09:28 | URL | moriman #hE4kmW4M[ 編集]
さらっと鳥肌立ちました。
ナイスです。
夏も近いのでガンガンこういうの載せてください。
目思い切って開けちゃった妹さん男前ですね、CHANGさんも多分布団から顔だしてたら目の前に居たかもしれませんねー。
2006/05/30(火) 11:49 | URL | kin #-[ 編集]
>いっち
爆笑ってあんた・・・(^^
>moriman
了解!次回は勝ち犬報告で!(爆)
>kin
これ以上の怖いネタはもうないよ・・・(><)
2006/05/30(火) 12:34 | URL | chang #-[ 編集]
私も、この分野の経験なら、
有りますが、、、自分で経験しても、
信じてません!(私の「売り」は超現実派ですから)
あはは~~
機会があったら、記事にでも書こうかな~~
布団被る、changさんの「勇気」に感服いたしました!
changさんなら、「真実の追究」をするタイプでは?
2006/05/30(火) 15:58 | URL | 緑の大地 #z8Ev11P6[ 編集]
いやだって、気絶して気づいたら朝って・・・漫画にしかないと思ったよ!
2006/05/30(火) 17:32 | URL | icchi #CjOAR8pM[ 編集]
>緑の大地さん
そう言われれば、当時、思い切ってドアを開けて確認したかもしれません・・・。
もう10年も前の話だから実は良く覚えてません・・・w
案外いい加減な記事・・・w
>いっち
実際あるみたいだよ・・・(笑)
2006/05/31(水) 12:25 | URL | chang #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chang43.blog42.fc2.com/tb.php/195-9717d7d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。